ダイワ Daiwa 14カルディア 2500

商品名 : ダイワ Daiwa 14カルディア 2500

メーカー希望小売価格 : 25,500

価格 : 17,350円(税込)

数量 :

カルディア
ハンドルノブS交換可
ソルト対応
画像 画像
2506
2508H
進化し続けるスピニング、それがカルディア。
さらに実釣性能を高めたハイパフォーマンスモデル。
ダイワスピニングシリーズの中核をなす存在として不動の地位を築いてきたカルディアが、フルモデルチェンジでデザインを一新。もちろん進化したのは外見だけではない。新設計の軽量エアローターにより回転レスポンスがさらに向上。最上級機種と同様のピニオンBB2点支持構造採用で巻き取りがパワーアップ。ラインローラーにはBBを追加してスムーズな巻き取りを実現。ドラグはイグジストと同様のワッシャーを使用したUTD(アルティメットトーナメントドラグ)。前モデルに引き続き、ボディは軽量高剛性のZAION素材で、無論ボディ内部への塩水や埃の侵入は「マグシールド」でがっちりとブロックされるため、使い始めの滑らかでシルキーな回転が長期間維持される。その効果はマグシールド搭載機種が数多のアングラーから高い評価と揺るぎない支持を得ている事実からも明らかだ。もはやひと昔前のハイエンドモデルを軽々と追い越し、そのはるか先へと到達したカルディアのパフォーマンス。その大きな満足と快適さは、すべてのアングラーのために。
各モデル詳細
アイテム 特徴
2004

エリアトラウトはもちろん、アジやメバルなどのライトSWゲームにも最適。これらの釣りでは安定したスローリトリーブができるギヤー比は大きな強み。UTDドラグは不意の大物にも対応。

2004H

コンパクトなハイギヤモデル。キャロや飛ばしウキを使ったアジング、メバリングでの手返し向上はもちろん、メッキやカマスなどのハイスピードプラッギングゲームにもおすすめ。75cmの巻き取り長さを活かして渓流のミノーイングにもマッチ。

2500

たっぷり入るラインキャパシティとナイロン3号-150mの巻糸量で、釣種を問わず様々なメソッドに対応する懐の深いスタンダードスピニング。一台を多様な釣りに使いまわしたい欲張りアングラーに最適。

2506

フィネスドラグ仕様のUTD&I型ノブ仕様でバスはもちろん、エギング、シーバス、チヌ、大型ロックフィッシュやフラットフィッシュなど、場所や時間を選ばず様々な釣りをこなす、ライトルアー時代のスタンダードモデル。

2506H

手返しをアップしたいバスフィッシングやエギング、マダイのひとつテンヤなど、粘るときは粘って見切るときはサッと回収するようなメリハリのあるゲームを展開できるハイギヤ仕様。巻き取り長さ84cmの素早い巻き上げで、ストラクチャーを狙った手返し重視の釣りに対応。

2508H

ハイギヤを活かし、ロングキャストとファストリトリーブで戦う港湾デイゲームシーバスから、サーフ、エギング、テンヤマダイ、磯場のルアーゲーム全般等にまで幅広く使用可能なモデル。

3012H

巻取り長さ95cmのハイギヤ仕様は、磯やサーフでのラインスラックコントロールを思うがままにできるのはもちろん、オフショアのカツオやシイラ相手の高速リトリーブでも活躍。本流・湖のトラウトゲームにも対応するハイスピードモデル。

3000

ナイロン4号-150mの巻糸量で、汎用性の高いモデル。大型シーバスや、磯場のプラッギング、サーフでのフラットフィッシュに向くミドルサイズ。引き波に屈せずルアーをしっかりとリトリーブできるパワーとトルクを秘める。

3520PE-H

シリーズ最速の97cmの巻取り長さが特徴。ライト青物・ショアジギングにターゲットを定めて設計されたPE専用スプール搭載ハイギヤモデル。大型魚とのやり取りを想定しEVA製パワーライトノブLを標準装備。

4000

ショアジギングなどパワー系の釣りに対応。軽量エアローターを搭載したことでハイスピードのジャークやトゥイッチがレスポンスよく決まる。十分なラインキャパを活用して、カゴ遠投等にも対応するシリーズ最大サイズ。

DAIWA TECHNOLOGY

■マグシールド

「マグシールド」とは、強い磁性を持たせた特殊なオイル「マグオイル」で強力な油膜を作り、海水や異物の侵入をブロックするというまったく新しい発想から生まれた防水システム。軽く滑らかな回転フィールを長期にわたって維持する。

そもそもローターやハンドルといった回転系パーツをいくら軽量化しても、それを支える軸受部の抵抗が大きければ、軽く滑らかな回転を得ることはできない。購入時は滑らかだったリールの回転が、徐々に抵抗感を増す要因のひとつが、海水や異物の侵入。海水に含まれる塩分が結晶化して回転部の隙間に入り込むと、スムーズな回転を妨げるうえにパーツも摩耗し、次第に回転時の抵抗が増していく。従来は内部への海水侵入を完全に防ぐにはパッキン構造にするしかなかったが、パッキンを使用した場合、パッキンが回転軸と直接触れてしまうため、回転の軽さを犠牲にせざるを得なかった。

それらの問題を一挙に解決したのがマグシールド。強磁性のオイルとマグネットで強力な油膜を作ることで、滑らかな回転の維持と防水に成功。その効果はリールの使用開始後、時が経過するにつれて徐々に顕著なものとなってくる。アフターサービスデータに基づくマグシールド非搭載機種との比較では、ギヤ―部の回転異音発生件数は約1/3にまで減少している。釣行回数の多いコアなアングラーであればあるほど、道具のメンテナンスは確実かつ短時間で済ませたいもの。シャワー洗浄等の簡単なメンテナンスで、リール購入当初のスムーズな回転性能が長期間維持されるマグシールドがもたらすメリットは言うまでもないだろう。

マグシールドのさらに詳しい説明はこちらをクリック▼

■エアローター

前モデルのローターから、形状と素材を大幅に見直し。結果、2500サイズ以上を中心に前モデルと比較して5g〜10gの軽量化に成功。ローターの軽量化は自重の軽減につながるだけではなく、回転レスポンスが向上することにより、リール自体の『巻き感度』にも寄与。また、ミノーイング等、ハンドルを急激に巻いてアクションをつけるようなメソッドでもよりキビキビと、ルアーをアクションさせることができる。新軽量エアローターの採用は、エキスパートも唸らせる、クラスを越えたレスポンスの高い回転性能を実現した。

エアローターの詳しい説明はこちらをクリック▼

■ZAION(ザイオン)

ダイワが世界で初めて開発した(スポーツ、釣具関連で世界初)カーボン新素材「ザイオン」。最大の特色は、比重(軽さ)と剛性。その剛性は金属であるマグネシウムに匹敵するほどだ。これは、汎用樹脂が樹脂にガラスを混ぜて作るのに対し、ザイオンでは強度をさらに上げるための素材としてカーボン繊維が使われていることによる。これに伴いザイオンは非常に硬い性質を持つ。通常、樹脂ボディは数箇所の簡単な加工を施すだけでいいのだが、このザイオンのボディは成形後にその強度を生かし、金属ボディ同様のフルマシンカットを施して初めて完成する。これにより、世界で初めてメタルボディと同等の強度と精度を実現できた。樹脂としてのイメージは、このカーボン新素材・ザイオンに限っては一掃するべきだろう。新感覚をもたらす理想の素材。それがダイワが開発したザイオンだ。

ZAIONの詳しい説明はこちらをクリック▼

その他搭載機能・仕様一覧

■UTD(アルティメットトーナメントドラグ)

ダイワ最上位機種EXISTと同じUTDを採用。ドラグ効き始めの食いつきを解消し、締め込んでもスティック(ムラ)のない安定した滑らかさを実現した。大型魚のファーストランにも滑らかに追従、ラインブレイクを防止。精密さと堅牢さを兼備したドラグ。

【UTDについて詳しくはこちらをクリック】

■ラインローラーBB

よりスムーズなかつパワフルな回転を目指し、内部構造、ボールベアリングの配置を再検討。パワー向上と共に、ラインローラー部にボールベアリングを搭載。よりラインに優しく、糸ヨレも軽減。トップアングラーの繊細な戦略に応えるスムーズな回転を実現。

■デジギヤII

ダイワ独自のデジタル設計技術「デジギヤ」がさらに進化。デジタル解析によって導き出された理想的な歯面を実現するために、超高精度マシンカット技術を採用し、鍛造ギヤーの数倍以上の歯面精度を実現。ドライブギヤーに特殊ラッピング加工を施し、ピニオンギヤーとドライブギヤーの最適バランスを取ることで耐久性が向上。

画像

■ABSII (アンチバックラッシュシステムII)

ラインがトラブル無く放出されて、飛距離が伸びるスプール構造。大口径で巻き取り面を逆テーパーにすることで、スプール前方のラインが押し出されにくくなり、バックラッシュを始めとしたライントラブルが激減。また、今や常識でもある大口径スプールは巻き取りスピードとドラグ性能の向上にも寄与。ABS IIはスプールリング形状を見直し、キャスト時の抵抗を軽減。より遠投性能が高まっている。

【ABSについて詳しくはこちらをクリック】

■クロスラップ

ライントラブルを減少させる大切な要素が正確な巻き取り。『クロスラップ』は巻き糸角度の大きい綾巻き方式を採用することで、スプール巻糸部へのラインの食い込みや糸のズレを防ぐためにクロスして巻き取る方式。特に細糸やPEラインを使用した場合にライントラブルの減少が顕著であり、同時に心地よい飛びを実現。

■エアベール

糸がラインローラーまで流れるように送り出されるベール形状により、糸ガラミトラブルが劇的に減少。さらに中空構造にすることで、重量を変えず、大幅な強度アップを実現。

画像
画像

■ツイストバスターII

ラインローラーにテーパーをかけて、糸をころがす事により、ローラー回転で発生する糸ヨレを相殺。スピニングリールの宿命といわれた糸ヨレを大幅に解消した。ライントラブルを激減させ、快適な釣りを実現する。

【ツイストバスターについて詳しくはこちらをクリック】

■CRBB

CRBBがさらに進化。従来のCRBBよりさらに耐久性が向上。ノーマルBB・CRBB・新型CRBBを適材適所に使い分けることでリールのポテンシャルが向上。

■最適巻糸量設定スプール

スプールリング内側の色分けした線で標準巻糸量がピタリと収まる。さらなる飛距離向上とトラブル抑止に有効。

カルディア
品名 巻取り長さ
(cm/ハンドル
1回転)
ギヤ比 標準
自重
(g)
最大
ドラグ力
(kg)
標準巻糸量
ナイロン
(lb-m)
標準巻糸量
PE
(号-m)
ベアリング
(ボール/ローラー)
メーカー
希望本体
価格(円)
2004 64 4.8 205 2 3-140
4-100
0.4-120
0.6-100
6/1 25,000
2004H 75 5.6 205 2 3-140
4-100
0.4-120
0.6-100
6/1 25,000
2500 72 4.8 220 7 8-200
12-150
1-280
1.5-200
6/1 25,500
2506 72 4.8 220 3 4-170
6-100
0.8-130
1-100
6/1 25,500
2506H 84 5.6 220 3 4-170
6-100
0.8-130
1-100
6/1 25,500
2508H 84 5.6 220 7 8-150
12-100
1-200
1.5-150
6/1 25,500
3012H 95 5.6 260 7 12-150
16-100
1-280
1.5-200
6/1 27,000
3000 79 4.7 250 7 12-200
16-150
1.2-350
1.5-300
6/1 27,000
3520PE-H 97 5.7 355 8 1.5-250
2-200
6/1 31,000
4000 87 4.9 355 8 16-250
20-200
2.5-300
3-250
6/1 28,000
※巻糸量のナイロン(lb-m)表示はTDライン、PE(号-m)表示はエギセンサー/棚センサーブライトを基準。 
※エアスプールII以外のRCSスプールは、付属のワッシャーを使用のうえ装着してください。RCSローリングフックホルダーはハンドルパッキンをアフターパーツ(有料)としてお取り寄せのうえ装着してください。

ページトップへ