2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
 
 

ダイワ Daiwa 紅牙 100

商品名 : ダイワ Daiwa 紅牙 100

メーカー希望小売価格 : 35,000

価格 : 24,570円(税込)

数量 :

パワフル&軽量。基本性能充実のエキスパートモデル。

タイラバ専用ベイトリールの第2弾。『誰にでもマダイが釣れるタックル』をコンセプトにリリースした第1弾の紅牙ICSは、常に水深と巻き上げスピードが確認できるICカウンターを搭載して好評を博した。確かに着底と同時のリトリーブやスピードコントロールはこのゲームのキモ。しかし、経験を積めば次第にカウンターに頼らなくても済むようになる。そんな中上級者のための基本性能を大幅に充実させたモデルが「紅牙100/100L」。

軽快な操作性と高い感度を必要としながら、どのフィールドでも10kgクラスの可能性を否定できないのがタイラバ用リールに課せられた宿命。大物に対処できるパワーと剛性を保ちながら、スーパーメタルフレームとZAIONサイドプレートの採用によって170gという劇的な軽量化に成功。タイラバに最適な5.8のギヤ比。握りやすく巻きやすいEVAノブ&クランクハンドルアーム搭載。

搭載機能・仕様詳細
■スーパーメタルフレーム&ZAIONサイドプレート
強い負荷が掛かっても歪みやたわみのない高精度・高剛性のスーパーメタルフレームと、ZAIONサイドプレートによってパワフルな巻き上げと軽量化を実現。ZAIONは高密度にカーボン繊維が織り込まれたカーボン樹脂で、軽くて強く、さらに腐食に強いという特性を持つ。重量比強度でマグネシウムを上回るという、不可能を可能にした素材。
■ロープロファイルボディ
手の中にスッポリとおさまるコンパクトなサイズ。しっかり握り込めてマダイ特有のアタリを逃さない。ファイト時にも力を入れやすく、やり取りに集中できる。
■スピードシャフト
スプールフリー時にスプールとシャフト部が分離される構造で、シャフトレスにより高い水準の回転性能を実現する理想のスプール回転が得られる。
■90mmクランクハンドル&EVAノブ
ハンドルがボディ側にクランクするアーム形状で、ハンドルを回す力を効率よく巻く力に変換するクランクハンドルを採用。90mmのロングハンドルと相まって力強い巻き上げを可能にする。ノブには濡れても滑りにくいEVA素材を採用。大ダイや青物の強い引きに対してもしっかり握れて使いやすい。

■UTD(アルティメットトーナメントドラグ)
ドラグ効き始めの初期の食い付きを解消し、スティック(ムラ)のない滑らかさを実現しながら締めれば締めるほど効く最大ドラグ力を兼備する。ドラグ性能が勝負を左右するタイラバゲームに最適なタフ&スムーズドラグ。

■CRBB:ステンレスBBの表面改質処理により防錆性能が大幅アップしたCRBBがさらに進化。その耐久性は従来の10倍以上。海水使用において、より長く初期性能を保つ。

■シャワー洗浄可

実釣インプレッション

フィールドテスター 中井一誠

「このリール、ムチャクチャ軽い!でも軽いだけじゃなくてパワーもある。ぜひ多くの人に体感してほしいです。」

自分の船で毎日お客さんと一緒にタイラバばっかりやっとるけど、最初にこのリールを持ったときは驚いたわ。170gでしょ、ムチャクチャ軽いやん。だから正直いうとね、使う前は不安な部分もあったんですよ。大ダイ掛かったときに耐えられるんかなって。マダイも大きくなるとけっこう引くからね。舐めたらやられる。でも、実際使ったら不安は一気に消えました。ヤリトリのときもドラグの滑り出しが素晴らしくて感動しましたわ。撮影のとき、メジロが掛かったんでドラグをギチギチに締めてゴリ巻きしたんやけど、一気に上げることができたからね。一度ぜひ使ってみてください。

【中井一誠(なかい いっせい)】和歌山紀北エリアをメインに活躍するマダイゲームのパイオニア。チャーターボート「海竜」キャプテン。

紅牙
品名 巻取り長さ
(cm/ハンドル
1回転)
ギヤ比 標準
自重
(g)
最大
ドラグ力
(kg)
標準巻糸量
ナイロン
(lb-m)
標準巻糸量
PE
(号-m)
スプール径
(mm)
ベアリング
(ボール/ローラー)
メーカー
希望本体
価格(円)
100 60 5.8 170 4 2-125 0.8-250
1-200
33 6/1 35,000
100L 60 5.8 170 4 2-125 0.8-250
1-200
33 6/1 35,000
※巻糸量のナイロン(lb-m)表示はTDライン、PE(号-m)はベイジギングセンサー+Siを基準。

ページトップへ